村上医院
採用サイト

入れ歯(義歯)

しっかり噛める。痛くない。
技術が上がった”今の時代”の
入れ歯(義歯)を。

インプラントが不可能な患者様、入れ歯(義歯)での治療をお求めの患者様にむけて、エクセレント歯科クリニックでは
「痛くない」「しっかり噛める」「限りなくフィットする」ということを追求した入れ歯(義歯)をご提供しています。

入れ歯(義歯)は、近年さらに盛んに研究が行われ、進化を続けている分野の一つでもあります。
エクセレント歯科クリニックは東京の義歯研究の権威である日本歯科大学名誉教授 丸茂義二先生に学び続け、
その技術を新潟でご提供しています。
今までの入れ歯とは違ったレベルの“あなたの食生活にぴったり寄り添う”入れ歯(義歯)に、ご期待ください。

保険内の入れ歯と
保険外の入れ歯は
ここが違います

保険の入れ歯→プラスチック床
保険外の入れ歯→金属床
金属床にすることで、お金には代えられない
数々のメリットがあります。
入れ歯を検討されているようであれば、
より豊かな予後のために、ぜひご検討ください。
「料理の熱を伝える」
保険外(自由診療)の入れ歯では選択の自由度があるので、入れ歯を金属床で作成することが可能です。金属床の最も大きなメリットは、「熱を伝えること」
プラスチック床が苦手とする「熱伝導」をができることで、「温かいものは温かく」「冷たいものは冷たく」、諦めがちな“普通の食事”が可能になります。
「残った歯に優しい」
部分入れ歯では残っている歯にバネをかけますが、金属床の入れ歯は歯を揺らしにくく、たわみにくいのでしっかり噛め、しかもバネをかけた歯の負担を軽減することができます。
また、バネのかかった歯を抜かずに済む割合が「約1/2」というデータもあります。
設計に自由度があり、修理保守も可能。
金属床の入れ歯では、部分入れ歯の金属バネが目立たないよう仕上げることもできます。
また、お口の中の状態にもよりますが、入れ歯自体を小さく設計することもなのです。 (保険内入れ歯では設計に保険制度の制限があります)
破損の修理も可能なので、より永く使えます。
資料提供: wada precision dental laboratories.co.,ltd

入れ歯(義歯)の種類・適正

パイロットデンチャー(治療用義歯)

「パイロットデンチャーシステム」は、仮義歯で不具合や違和感を検証してから本義歯を作成する技術のこと。
まず仮の入れ歯を作成し、何日間かご使用していただきます。その後、顎や患者様の口腔にベストの形や厚みを割り出し、時には悪い癖を治したりといった行程を経て、装着時の違和感がなくなる段階まできたところで本義歯に置き換えます。
あらゆる角度から検証して作成できるので、見た目も自然なあなたにとってベストな入れ歯(義歯)が出来上がります。

フルデンチャー(総義歯)

フルデンチャー(総義歯)は 歯を全て失ってしまった場合に使用する取り外しのできる用具です。
保険適用と自由診療は、施す範囲や質などが変わりますが、どちらも対応しています。
ただ、自由診療の入れ歯は種類が豊富で、より柔軟な対応が可能です。(入れ歯の床に金属を一部使用することで入れ歯の厚みをコントロールし違和感を軽減させる、など)

パーシャルデンチャー(部分床義歯)

歯を一部失ってしまった場合に使用する、取り外し用具を伴った義歯。
属製の金具を残っている歯にかけ、失われた部分に人工の歯を並べることにより通常の咀嚼の状態に近づけることができます。
保険適用と自由診療は、施す範囲や材質などが変わることがありますが、どちらも対応しています。

歯ぎしり・食いしばり・口呼吸治療/ SPP(サブパラボラプレート)

日本歯科大学顎関節症初代センター長ならびに、日本歯科大学名誉教授の丸茂義二先生考案の歯ぎしり・食いしばり・睡眠時無呼吸症候群などを効果的にコントロールできる装置です。装着することによりバランスを崩していた下の位置が移動、上記以外にも姿勢改善・頭痛改善など体質改善の一旦を担うことが大いに期待できます。

エクセレント歯科クリニックでは、
常に研鑽を重ね、
その技術を
患者様にお届けしています。

当院は、入れ歯と噛み合わせ分野の第一人者、日本歯科大学名誉教授 丸茂義二先生が主宰する「丸茂研修会」にて研鑽を積んでいます。丸茂先生は噛み合わせにとどまらず、呼吸や咀嚼まで視野に入れた包括的な口腔の研究をしています。
エクセレント歯科ではそのような技術を用い、患者様のお悩みを真に解決する義歯をご提供したい、と考えています。

自由診療 ・義歯料金表

治療内容 料金 備考
パイロットデンチャー(治療用義歯) 100,000円〜 ※義歯1装置あたり
パーシャルデンチャー(部分床義歯) 400,000円〜 ※義歯1装置あたり
フルデンチャー(総義歯) 400,000円〜 ※義歯1装置あたり
SPP(サブパラボラプレート) 150,000円〜 歯ぎしり・食いしばり治療装置
※上顎下顎の場合、2装置になります。
「自分はどのようなケースになるのか」「インプラントと義歯はどう選択したらいい?」など、診療内容や料金についてご不明な点はお気軽にお問い合わせください。